アイフル 即日融資

アイフルのおまとめローンの基礎知識と申し込む時の流れ

 

銀行カードローンでおまとめできなくなった今が大手消費者金融でまとめる時!

他社からの借入件数が多くなると借金の管理が大変になるので返済が困難になってしまう事がありますが、そんな時に複数の業者からの借り入れを一つにまとめるのがおまとめローンです。

 

大手の消費者金融の中でおまとめローンの商品があるのは、プロミス、アコム、そしてアイフルもおまとめMAXとかりかえMAXの2種類があります。

 

 

アイフルは消費者金融のため総量規制の対象になっているので、通常のキャッシングをする時は年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。


 

しかし、総量規制には例外規定というものがあり、『顧客に一方的有利な借り換え=おまとめローン』は例外扱いとなり、アイフルやその他の消費者金融でも例外適用されたおまとめローンを利用する場合は総量規制の範囲を超えて借り換えが可能になります。

 

 

通常のキャッシングのように年収規制をされないので年収の3分の1以上の借り入れも可能です。


 

しかし総量規制の対象外だと通常のキャッシングより審査が厳しくなるので、審査通過率が低い事をしっかり頭に入れておく必要があります。アイフルのおまとめローンはおまとめMAXとかりかえMAXの2種類のプランがありますが、申込資格が異なってくるのでどちらを利用すればいいのかしっかり確認しておく必要があります。

アイフルのおめとめローンのおまとめMAXとかりかえMAXはどう違うの?

 

 

おまとめMAXはアイフルを利用した事がある人が申し込むプランでかりかえMAXはアイフルを初めて利用する人が申し込むプランになります。


 

上限金利の設定も以前は異なっていて、おまとめMAXは15%、かりかえMAXは17.5%でしたが、現在ではどちらも実質年率3.0%〜17.5%になっています。

 

おまとめMAXはアイフルを利用した事がある人が対象となっているプランなので、業者側も信用しやすいという事で上限金利の設定も低くなっていましたが、現在ではどちらも17.5%に引き上げている状態です。

 

またアイフルで通常のキャッシングをする時の上限金利の設定は18.0%なので、17.5%のかりかえMAXを利用した時でも0.5%低くなりますが、アイフルとしては他社借り入れ分も加算されるので利息を少なくする事が出来ます。

 

 

おまとめMAXとかりかえMAXは申込資格のみが違いということになり、また年齢は20歳以上、限度額は最大800万円というのはどちらも同じになっています。


 

アイフルで通常のキャッシングをする時は限度額の範囲内で何度も借り入れをする事が出来ますが、

 

 

おまとめMAXやかりかえMAXは返済専用のローンなので通常のキャッシングのように返済中に追加で借り入れをする事は出来ません。


 

おまとめMAXやかりかえMAXを利用して複数の業者からの借り入れを一つにまとめる時は追加で借り入れが出来ない事をしっかり頭に入れておく必要があります。

 

 

おまとめMAXとかりかえMAXの申込方法は来店契約と郵送契約がありまが、来店契約をする時は電話かホームページから申し込みをした後に審査が開始されます。

 

審査が可決されたらアイフルの店舗に来店して本人確認書類など必要書類を提出して契約手続きをします。契約手続きが完了したらその場でカードが発行されるのでその後にお金を借りる事が出来ます。

 

 

郵送契約をする時も電話かホームページから申し込みをした後に審査が開始されます。審査が可決されたら契約書類とカードが郵送されてくるので契約書類の必要項目を記入して契約書類と本人確認書類など必要書類返送します。

 

それで不備がなかったら郵送されてきたカードが使用出来るようになりお金を借りる事が出来ます。

 

 

いずれにしても、他社大手消費者金融のおまとめローンとは違い、既存借入先には自身で返済しなければならないため、邪な気持ちを抱いて使ってしまわないように注意しなければなりません。


page top