審査で事実と異なる情報を登録するとどうなる?

消費者金融などのカードローンで融資を受ける場合というのは、様々な情報を登録する必要があります。

 

 

住所や氏名などの個人情報はいうに及ばず、

  • 勤務先や年収
  • 他社からの借入件数や金額

など、登録すべき情報はかなり多岐にわたっています。しかし、これらの情報の中にはカードローンの審査において不利な材料となる可能性があると考えてしまうものもあるかもしれません。例えば、既存の借入金額や件数は特に気になるところでしょう。

 

 

全て正直に記入すると審査でマイナス材料になるかもなぁ・・・


既に多額の融資を受けている状態というのは、どうしてもカードローンの審査では評価が低いと思われがちです。それとともに年収や勤続期間などもカードローンの審査では重視される項目ですので、やはり気になる部分ではないでしょうか。

 

 

虚偽の申告自体が最も悪質で最も大きなマイナス材料になります。


勤務先についても、いわゆる零細企業の場合は記入することそのものが恥ずかしく思えるケースもあるかもしれません。このような場合についつい思ってしまうのが、登録内容をごまかそうというものです。

虚偽の申告がばれる理由

最近ではカードローンの審査ではコンピュータがシステム的に行うケースが増えていますので、多少の嘘ならごまかせると思われがちですが、実際は事実と異なる情報についてはほぼ間違いなくばれてしまいます。

 

 

信用情報機関の照会と提出書類の確認で嘘はばれます。


過去の借入の有無については個人信用情報機関に問い合わせをすればすぐに確認されてしまいますし、勤務先や勤続期間についても、健康保険証の提示を求められればこちらも確認されます。または、収入証明書の提出を求められる場合もあるかもしれません。

虚偽申告では審査を通過することができない

そして、こうした事実と異なる情報で申し込んだ場合というのは、まず間違いなく審査には通らないでしょう。カードローンの審査というものは、その人が信用できるかどうかを判断するものであり、信用できると判断されれば融資が実行可能な状態となります。

 

 

最初から正直に申告するべきだったよぉ・・・


その審査で事実と異なる情報を登録することは、信用という意味においては全くの逆効果であり、そのような人に対しては過去の経歴や実績がどうであれまず審査には通りません。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関