審査に通らなかった理由を調べるには?

カードローンの審査に申し込んだものの、その審査に通らなかった場合ですが、その理由については業者に確認しても教えてもらうことができません。審査に通らなかった側からすれば何が良くなかったのか気になるところですし、次に申し込む際の参考にしたいところです。

 

 

説明してもらえると有難いんだが・・・


何故こうした問い合わせに答えてもらえないのかといえば、

 

 

カードローンの審査では審査の内容や結果について質問などをしない、という項目に対して同意を得て行っているからです。


また、審査結果について回答する義務も法律で規定されていないので、そもそも業者側には説明義務がありません。

個人信用情報機関への情報開示の請求について

そのため、審査に通らなかった理由についてはそれぞれで考えるしかないのですが、もしも全く心当たりがないのに審査に通らなかったという場合には、個人信用情報機関に情報を確認してみるという方法もあります。

 

 

何処で確認すればいいんだぁ・・・


個人信用情報機関は、カードローンの審査で業者が情報を参照するところであり、ここには申し込んできた人の様々な情報が登録されています。ここに登録されている情報としては、

  • クレジットカードの支払い状況
  • 他社からの借入に対する返済状況

などですが、ここに登録されている情報に問題があると判断されれば審査での評価も低くなります。勿論、個人情報を取り扱う機関なので他人の情報をみることはできませんが、自分本人の情報であればど

 

 

信用情報機関で問い合わせれば登録情報を入手できます!


んな内容が登録されているのか確認することができます。個人信用情報は以下の3つの会社が取り扱っており、それぞれの業者ごとに問い合わせて情報を開示してもらうことが可能です。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • CIC

このうち、KSCは銀行系の情報、CICは消費者金融系の情報と取り扱う情報が異なりますので、該当する機関に問い合わせると良いでしょう。情報開示の請求には500円〜1,000円ほどの手数料がかかりますが、

 

 

自分で情報開示できるなら状況を把握しておくのもいいかもなぁ・・・


郵送でも取り寄せることができますので事故情報の有無が気になる場合は確認してみるのもひとつの方法です。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関