カードローンが保証人や担保不要な理由とは?

お金を借りる時には返済能力を信用してもらう必要があります。大きな借り入れになる場合は貸し倒れリスクを防ぐ為に業者は担保や保証人を要求する事もありますが、カードローン審査で保証人や担保が不要であり、カードローン審査では信用が担保という事になります。

信用といっても対面での信用ではなくデータ的な信用

信用が担保と言う事は返済能力を認めてもらうという事であり、カードローン審査ではどういった事を元にして担保にあたる信用を得るのかというと、面接をして人となりを調査して信用出来る人に融資をする、というような事ではありません。

  • 年齢や年収
  • 会社での在籍年収や職種
  • 他にも過去の返済履歴

といった要素で返済能力を調査されます。ですから主観で判断される要素では無く客観的に返済能力をチェックされて、そこで認められる事で信用を得てカードローン審査に通る事になります。

 

あとは契約に従って返済を行う必要がありますし返済時に遅延や延滞を繰り返すような事になれば、信用を失ってしまい新規カードローン審査を行う時に不利に働く事になります。

 

カードでのショッピングは担保不要のローンではなく購入した商品そのものが担保となりえます、担保不要のローンは消費者金融やクレジットカードでの融資であります、信用が担保として仲介して借金が可能になりますから無職無収入状態の方は返済能力を認めてもらえませんし、返済出来る事を信用してもらえなければ無担保での借り入れは出来ません。

 

業者の審査で返済出来る見通しのある方が無担保で保証人もなくカードローンで借金が出来ます。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関