カードローンの審査に落ちる3つの原因

カードローンの審査に落ちる原因として考えられるのは大きく3つが上げられます。

信用情報の事故歴がある

まず指定信用情報機関が管理する信用情報の事故歴です。これは俗にブラックリストと呼ばれており、過去の借入で返済の遅延や自己破産などによる債務清算などがあった場合がブラックリストに該当します。信用情報の事故歴は借入先への完済日から5年から10年で削除されますが、その間は事故歴が残っているのでカードローンの審査に落ちる原因になります。

総量規制に抵触する

次に審査に落ちる原因として考えられるのは借入額の総量規制です。貸金業法では借入残高が年収の3分の1以上となる場合新規に貸し出すことを禁止しています。カードローンを契約しようとしている金融会社が消費者金融であれば貸金業法に抵触するのでカードローンの審査に落ちる原因となります。

 

ただし、銀行系のカードローンの場合は貸金業法ではなく銀行法の適用になるので年収の3分の1までというような総量規制はありません。

一度契約解除したカードローンの再契約は注意

その他で審査に落ちる原因として挙げられるのは、以前契約していたカードローンを一度契約解除してすぐに再度契約するという場合です。これは全てのカードローン会社に必ずしも当てはまることではありませんが、カード発行に関する管理費の観点であったり期間を空けずに再契約する行為への与信的な観点であったり理由は会社によって様々です。

 

ただ、多くのカードローン会社の場合、信用情報の事故歴や総量規制の問題などが無ければ半年から1年程度で再入会の手続きができるようになります。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関