金利のグレーゾーンに関する現状

金利のグレーゾーンという言葉を聞いた事があるでしょうか?キャッシング利用時には必ず金利が発生します。この金利というのは法律で上限が定められています。しかし特定条件で定められた金利以上の金利を設定する事が可能で、そのギャップ部分をグレーゾーン金利と呼んでいるのです。

金利のグレーゾーンによる問題

金利のグレーゾーンとはまず通常のキャッシングの利息は貸付した金額によって年率の上限が15~20%と利息制限法によって定められています。これを超える金利は無効とされていて請求されても支払う義務はありません。これとは別に出資法という法律があります。

 

出資法を適応するための書類を用意すればこちらの法律が適応され、年率の上限を29.2%に設定することが可能で、これを超える場合刑罰が課されるとされていました。つまり出資法を利用して20〜29.2%の金利でお金を貸し付けるという手法がまかり通っていたわけです。

 

利息制限法はあくまでも上限以上の金利に対して無効とするだけで刑罰はありませんでした。

 

 

よって悪徳業者がそうした法的にグレーゾーンの金利で貸付を行ってきたわけです。


金利のグレーゾーンによって起きたことグレーゾーンですから業者を法的に裁くことは難しく悪徳業者は存在し続けました。

 

通常のキャッシングを利用できないような人の足元を見て高い金利で貸付を行うという事も少なくない状態で、借金の返済を行えない人へ執拗な取立てなどが行われていました。結果として自殺に追い込まれるようなケースもあり問題視されてきたわけです。

問題解決の為に改正された金利のグレーゾーン

そこでこの金利のグレーゾーンをなくそうという動きになりました。現在では出資法の上限金利を利息制限法と同じ20%まで引き下げが行われています。これによって金利のギャップがなくなり金利のグレーゾーンがなくなったわけです。また、

 

 

法改正後に過払い金請求という言葉をよく聞くようになりました。


これはグレーゾーンの金利によって過去に支払った本来払わなくて良かった金利分のお金を返還請求できるというものです。

 

あくまでも請求できるというものであって業者が既に倒産などでなくなっている場合は請求できませんし、10年で時効という決まりもありますので早めに請求しなければなりません。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関