総量規制とその対象外となるもの

総量規制とはキャッシングの際の借入上限金を制限するルールです。賃金業法によって定められているため業者からお金を借りる際には必ずこれに従う必要があります。

総量規制の制限とは?

総量規制でどのような制限があるか最も基本的なルールとして借入の上限金を年収の3分の1までとするルールがあります。これは多額の借金をしてしまい返済が困難になることを防ぐためのルールで、年収の3分の1程度が無理なく返済できる金額であるという事から制定されています。また、

 

 

この上限金は複数の業者から借入をする場合はその合計金額で計算します。


例えば年収が300万円の場合、各業者からの借入が100万円を超えてはいけません。ショッピングローンなども計算に含まれる点に注意しましょう。

総量規制の例外と除外って?

総量規制に含まれない借入金総量規制ではあくまでも基本的に年収の3分の1までに制限するもので、例外も存在しています。例外として挙げられる借入として「おまとめローン」があります。要するにローンの借り換えなのですが、

 

 

既に借入をしている金額が年収の3分の1を超えている場合に総量規制に引っかかる可能性があるわけです。


しかし、総量規制はあくまでも消費者が借金を抱えて返済できないという状態を避けるために作られたルールです。そのため消費者が有利になるおまとめローンに関しては例外として認める事にしているわけです。

 

総量規制の対象外のローン総量規制は消費者金融から個人が融資を受ける場合に関係してくる法律です。そのため銀行のローンは対象になりません。また緊急の医療費などのキャッシング利用についても医療目的の方が優先されるという考えから対象外とされています。

 

この他、有価証券や不動産を担保とした借入や住宅ローンのような使用目的の限定されるローンも対象外となっています。また、個人事業主の借入はあくまでも事業をするための資金調達ですからこれも対象外となります。

専業主婦はどうすればいい?

専業主婦への総量規制の影響総量規制は実は例外も多く消費者を保護することを最優先としています。しかし年収の3分の1までの借入という制限はありますから収入のない専業主婦は借入ができない事になってしまいます。

 

 

そこで配偶者貸付という決まりごとを用意しています。


配偶者貸付は年収や借入額の計算を配偶者と合算して行うというものです。このルールを利用することで収入のない専業主婦でもキャッシングを利用できるようになります。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関