信用情報機関の利用と開示請求

信用情報機関とは

 

 

キャッシングやクレジットカードなどの利用情報を管理する機関の事


です。新規の借入やクレジットカードの申し込み時には必ずこの機関の情報が確認されます

信用情報機関に残る情報

信用情報機関ではどのような情報を扱うのか信用情報機関ではお金を借りる際に関係のある部分を細かく記録しています。借入の申し込みやクレジットカード作成の申し込み情報等が記載されており、審査に通らなくても申し込みしたという事実が残ります

 

また借入を行った場合はその金額、また返済の情報についても記載されます。当然ながら返済を滞らせた場合などもその情報が記載されます

基本的には2年ほど情報が残り、滞納が続き契約を強制解除されたり自己破産をしたという事実は5年ほど残ります。

信用情報機関の情報は審査にどう影響するのか?

信用情報機関がカードローンにどう影響するのか様々な情報が記録される信用情報機関ですが、やはりキャッシング利用時に問題となるのは過去の返済履歴です。

 

返済を滞らせたという事実がある人は今後も滞納をくり返す可能性があります。自己破産の記録があれば金銭的にトラブルが絶えない人ですからまずお金をかせません。

 

 

あかん!過去に滞納結構やってしもてるわ・・・


更に他社からの借り入れが沢山ある場合は返済をしっかりしてもらえるかという点でリスクがあります。主に現在の借入額と過去の返済履歴をで貸付するかどうかを判断されます。

個人でも信用情報機関の情報は開示請求できる

実は個人でも信用情報は知ることができる実はこの信用情報は開示請求を誰でも行えます。キャッシングの審査に落ちてしまう人のほとんどは信用情報に問題があります。もし審査に落ちるようなら自分の情報を確認するために開示請求をしてみるのもいいかもしれません。

 

しかし国内の信用情報機関というのは実は1つではありません。それぞれの手順で開示請求をする必要があります。

 

 

なぜ審査に落ちてしまったのか・・・信用情報開示請求してみようかな?


JICC
  1. スマートフォンアプリ
  2. 郵送
  3. 窓口

の方法で開示請求できます。本人確認ができる書類と手数料を支払う事で行えます。窓口では500円、それ以外では1,000円の費用がかかります。

CIC

インターネット(パソコン、スマートフォン可)、郵送、窓口の方法で開示請求できます。こちらも本人確認ができる書類と手数料を支払う必要があります。

 

窓口では500円、それ以外では1,000円の費用がかかります。どちらの開示請求も細かな差はあるものの、ほとんど同じような手順で行うことができます。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関