即日融資を希望する場合は高額融資の際に増える審査の確認項目に注意

カードローンの審査で確認される項目というものは、融資を申し込んだ金額によって変わります。言うまでもなく融資を受ける金額が高額になる場合とそうでない場合とでは審査で確認される項目は同じではありません。

高額になると収入証明書類が必要になる

高額になると確認される項目として追加されるものとして代表的なものといえるのが収入証明書類です。カードローンの審査では、

 

 

個人信用情報機関に情報を問い合わせてその人の借入状況やクレジットカードの返済情報などを確認しています。


総量規制が導入されてからはこの作業は必須となり、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は個人信用情報機関への登録が義務付けられました。

個人信用情報機関には年収は登録されない

こうした情報を確認してその人の信用情報を判断しているのですが、この個人信用情報機関に登録されている情報にはその人の収入情報は登録されていません

 

現状の借入情報そのものは変わることのない事実として登録されますが、残業や昇給・降給、在職・離職などの要因により、

 

 

収入は登録されても意味がなくその時点での確認の必要があるからです。


貸金業者の方が収入証明書が必要な金額が低い

融資を行う金額が高額になればなるほど、返済されない可能性が高くなっていきますので、その人が問題なく返済できるかどうかを判断するために収入証明書類の確認を行っているのです。

 

それとともに、消費者金融でお金を借りる場合というのは、総量規制の関係から年収の3分の1を超えて融資を受けることができないため、年収の金額を確認することは業者にとっても必要な審査基準といえます。またこれは貸金業法でも義務付けられているためい

 

 

一定額以上の貸付には収入証明書の提出を求めなければなりません。


消費者金融と銀行カードローンの収入証明書を必要とする借入金額の違い
消費者金融 概ね50万円以上
銀行カードローン 概ね300万円以上

仮に200万円の年収を得ている人が消費者金融で100万円の融資を希望したとしても総量規制の関係で融資を受けることができません。貸金業者にとっては、こうした法的な要因もあって年収の金額を客観的に調べる必要があり、収入証明書類はそのための判断材料として利用されるものとなっています。

高額の借入になると安定性もより一層確認する必要がある

また、この収入証明書類はただその人の年収の金額を客観的に証明するという目的だけでなく、その人の職業の安定性を確認するための材料としても活用されることになります。

 

融資を受ける金額が高額になっていけば、それだけ返済期間も長くなっていきますので、返済期間が長くなったとしても問題なく返済できるだけの収入の安定性があるかどうかという点も審査では重要な判断基準です。

 

こうした確認項目が増えるため、高額の融資の場合は審査にかかる時間が長くなるといえるでしょう。

 

最短即日融資可能なカードローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関