即日融資に有利なのはアイフルよりも他の大手消費者金融

銀行などのカードローンが審査を大手消費者金融やその他の保証会社に委託している限りは、即日融資に関しては大手消費者金融が可ならず有利になります。まず即日融資の方法が、

 

 

  1. 即日振込
  2. 即日カード発行後に即日借入

自動契約機による即日融資を比較してみる

2番の方法は自動契約機を持っていないと物理的に不可能になりますので、それを多数持つ大手消費者金融がリードします。

自動契約機の設置台数ランキング
大手消費者金融 自動契約機設置台数 サービス 実質年率 借入可能額 詳細
プロミス 約1,700台 初回30日無利息サービス※1 年4.5%〜17.8% 最高500万円 プロミスの詳細へ
プロミスレディース 約1,700台 初回30日無利息サービス※1 年4.5%〜17.8% 最高500万円 レディースの詳細へ
アコム 約1,109台 最大30日金利ゼロサービス※2 年3.0%〜18.0% 最高800万円 アコムの詳細へ
モビット 約435台 WEB完結 年3.0%〜18.0% 最高800万円 モビットの詳細へ
アイフル 約911台 - 年4.5%〜18.0% 最高500万円 アイフルの詳細へ

※スマホの場合は表をスライドさせて閲覧ください。
※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可
※2 35日ごと返済を選択することで利用可

 

プロミスが断然設置台数でリードしています。最高金利も大手消費者金融中一番低く、無利息サービスも30日減ることなくもらえます。(他社は契約日の翌日から減っていきます)

振込融資による即日融資を比較してみる

振込融資に関しては銀行が得意そうですが、実は銀行カードローンの方が苦手な分野です。提携やライバル同士のインフラの不整備などで、振込融資のサービスすらない銀行カードローンもあります。即日振込に関しては時間との戦いになります。

 

 

振込するということは銀行の営業時間・曜日が関わってくるので、基本平日の午後3時までです。


そこから即日振込するためにする振込み手続き・契約・在籍確認・審査・申込を逆算していかなければなりません。大手消費者金融・銀行カードローンの推移状況を以下の表にしました。

大手消費者金融・銀行カードローンの即日振込可能時間
大手消費者金融 振込み手続き 契約 審査 申込
プロミス 平日14:50まで 平日14:00までに契約完了 最短30分 13時頃までに申込
プロミスレディース 平日14:50まで 平日14:00までに契約完了 最短30分 13時頃までに申込
アコム 平日14:50まで 平日14:00までに契約完了 最短30分 13時頃までに申込
モビット 平日14:50まで 平日14:50までに契約後振込手続き完了 最短当日 13時頃までに申込
アイフル 平日14:50まで 平日14:00までに契約完了 最短30分 13時頃までに申込
銀行カードローン 平日正午まで 平日午前中 最短当日 朝一番に申込

※スマホの場合は表をスライドさせて閲覧ください。

 

大手消費者金融は平日13時頃までに申込めば最短即日振込可能と横一線です。対して銀行カードローンは朝一で申込まない事には間に合いませんし、振込可能な口座も限定される(自行口座に)場合がほとんどです。プロミス・アコムに関しては口座限定で24時間365日振込可能なサービスもあるので曜日・時間を選ばず即日振込が可能になります。

 

 

プロミス・・・三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座で可能(瞬フリ口座に登録)
アコム・・・楽天銀行口座で可能(メンテナンス時間以外)


即日融資に必要な要素を満たす大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

アイフルで即日融資を希望する前に必要な情報が一発検索できる!


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

今日会社休みだけど即日融資可能?アイフルとその他の大手消費者金融の場合

大手消費者金融でもアイフルでも平日・土日祝日共に、審査・融資が可能というのが特徴ですが、勤務先が休みの日には即日融資が受けられない場合があります。

 

カードローンの審査には必ず在籍確認というものがあり、勤務先に現在も在職中かを確認するためにカードローン業者が電話を掛けて確認する作業です。この審査の最終段階での確認作業が、

 

 

勤務先の会社が休みだと在籍確認が取れずに、契約が会社の翌営業日まで延期になるので即日融資が不可能になります。


こういった会社の休みの時に契約を完了して即日融資を受けたい時は、会社への在籍確認の電話確認を別の方法で確認してもらえるカードローンに申込まなければいけません。

 

 

それが可能なのがプロミスです。プロミスでは会社への在籍確認の電話確認を別の方法で確認してもらえる相談が可能です。


会社の休みでも在籍確認を取る事が可能で最短即日融資も可能なプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

プロミスでは会社が休みの日でも在籍確認の電話を別の方法で確認を取る相談が可能なので最短即日融資も可能になっています。相談の仕方は簡単で、ネット申込後にプロミスに電話するか、申込後にプロミスから掛かってくる電話の際に相談するかすれば、オペレーターが別の手段を案内してくれます。
これは会社に在籍確認の電話を掛けて欲しくない場合も相談できるので、こういった方の要望にも答えることが可能なプロミスには相談者が増えています。レディースキャッシングもありますので、女性の方の相談所も増加しています。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

専業主婦だけど即日融資可能?アイフルとその他の大手消費者金融の場合

アイフルを含む消費者金融は貸金業法で規制されており、その貸金業法の中でも総量規制が収入のない専業主婦の申し込みにアイフルを含む消費者金融では影響が出てきます。

 

 

総量規制とは消費者金融を含む貸金業者に対して消費者の年収の1/3以上貸してはいけないという法律です。


ですので収入のない専業主婦では、年収の1/3までしか借りられないアイフルを含む消費者金融には申し込むことができません。ですので専業主婦申込可能な銀行カードローンに申込むしかありません。

 

消費者金融には即日融資の可能性は敵いませんが、最短即日融資可能な専業主婦申込可能な銀行カードローンはいくつかあります。平日の早めの申し込みと時間制限はありますが、最短で即日融資が可能な専業主婦申込可能な銀行カードローンは以下の案件です。

最短で即日融資が可能な専業主婦申込可能な銀行カードローン

リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

返済金額が少しずつしか返せないけど即日融資大丈夫?アイフルとその他の大手消費者金融の場合

即日融資でお金を借りれたとしても、次回の返済時に返済金が用意できなくてはいけません。すぐにそれなりの金額が入る予定になっていればいいのですが、返済時も金銭的には厳しいことはよくあることです。

 

 

返済資金が厳しい・・・


そんな場合に毎月の返済額が大きいカードローンで即日融資を受けても、すぐ返済が滞ってしまい、最高20%もの遅延金を支払わなければならなくなり、更には個人与信情報も悪くなってしまいます。こういったっ場合には、

 

 

毎月の最低返済額が少ないカードローンに申込まなければいけません。


最短即日融資可能で最低返済額の少ないカードローン

借入残高 5万円 10万円 15万円 20万円
プロミス 2,000円 3,610円 5,415円 7,220円
プロミスレディース 2,000円 3,610円 5,415円 7,220円
アコム 3,000円※1 3,000円※1 6,000円※1 6,000円※1
モビット 4,000円 4,000円 8,000円 8,000円
アイフル 4,000円※2 4,000円※2 8,000円※2 8,000円※2

※スマホの場合は表をスライドさせて閲覧ください。
※1 51回払いの場合
※2 約定日制の返済の場合

無利息期間付の即日融資カードローンは?

いくら急いでいて即日融資を受けたいにせよ、せっかくなら

 

 

無利息期間・無利息サービスのあるカードローンに申込んだ方が利息を圧縮できるのは間違いありません。


即日融資可能なカードローンで無利息サービスがあるのは以下の二件です。

プロミス・・・初回の借入から30日無利息になる(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)
アコム・・・契約日から30日無利息になる(アコムとの契約が初めての方)

言葉の微妙な言い回しで二件の無利息サービスの違いがわかり辛いかと思いますがこういうことです。

 

 

申込・契約日から初回借入まで日が経ってしまうと、アコムの方は無利息期間が30日よりどんどん減ってしまい、契約日から30日経ってしまうと無利息期間が消滅してしまうのです。

 

一方プロミスの方は、申込・契約日から初回借入まで日が経っても初回借入から30日の無利息期間は変わりありません

 

即日融資でその日に借りるのであればどちらも同じ30日無利息期間があるのですが、

 

 

  • 借入まで日がある
  • とりあえず契約だけ先にしておきたい

というのであればプロミスを選択するのが通常ということになります。

即日融資を受けたいのならアイフルよりも他の大手消費者金融

即日融資を受けたいのであればアイフルも可能ですが経験上プロミスがベストです。プロミスでは、

 

 

  • 平日14:00までにオンライン契約が完了していれば即日振込が可能
  • その日のうちにオンライン契約が完了すれば近くの自動契約機にて即日カード発行可能

即日融資の目安が明確です。実際に私が申込んだ際にも審査が早く、私は個人事業主だったためいくつかの点を電話で確認された後に在籍確認の電話となりました。在籍確認と言っても私の場合は自宅に電話が掛かってきて私か受け答えしただけですけどね(笑)

 

私は他にも沢山のカードローンを持っています。もしもの時の為には複数カードローンが要りますからね。その中で即日融資に適したカードローンのBEST4はこれです。

その前に利息を比べてみましょう

今すぐ必要なお金で多いのがだいたい10万円前後です。今回は9万円を3ヶ月で3万円ずつ返済した場合の利息をシミュレーションしてみましょう。

- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 利息合計
プロミス なし初回30日無利息サービス およそ878円 およそ439円 およそ1,317円
アコム なし最大30日金利0サービス およそ888円 およそ444円 およそ1,332円
モビット およそ1,332円 およそ888円 およそ444円 およそ2,664円
三井住友銀行カードローン およそ1,073円 およそ715円 およそ358円 およそ2,145円
アイフル およそ1,332円 およそ888円 およそ444円 およそ2,664円

※表はスマホではスライドして見て下さい

 

このシミュレーションを理解したうえで申込みの曜日・時間や手持ちの口座に合わせて以下の即日融資可能に適したカードローンの即日融資に必要な要素を満たす大手消費者金融から選びましょう。

アイフルで即日融資を受ける人が多い理由とは?

消費者金融の大手と呼ばれる業者にはたくさんありますが、中でもアイフルは他の消費者金融と違い、銀行グループ参加に収まらない独自路線を行く業者です。そんなアイフルで即日融資を受けるには、まずは申し込みからスタートですが、インターネットでは24時間体制で融資の申し込みを受け付けています。

 

アイフルで即日融資を受けるメリットは、とにかく早くまとまったお金が手に入るという点にあります。そのため、インターネットから申し込む場合においても少しでも早い時間帯に申し込むことが大切となります。

アイフルは即日融資に対応しているのか?

さて、即日融資ができる消費者金融業者はアイフルだけというわけではなく、今やほとんどの業者が即日融資に対応しています。そんな中にあっても、アイフルを利用する人が多いのは、やはりアイフルが様々なニーズに合わせた多彩な融資を行っているという点にあるのではないでしょうか。

 

たとえばアイフルの商品は一般的な消費者金融のフリーキャッシングだけでなく、事業者向けの事業サポートプランや収入証明の書類提出が原則として不要な「わんポチっと」など様々な商品ラインナップを用意しており、いずれも即日融資に対応しています。(現在「わんポチっと」は新規受付停止しています)

 

申し込んだその日のうちにお金を借りることができる業者はアイフル以外にもたくさんありますが、ここまで多彩な商品展開を行っているのはアイフルだけといっても良いほどであり、この多彩な商品ラインナップこそが、アイフルのもつ強みといえるかもしれません。

アイフルの即日融資の手順

アイフルの即日融資方法も通常融資の方法も大まかに分類すると二種類です。

 

 

  • 振込融資による即日融資
  • 自動契約機(てまいらず)による即日カード発行による即日融資

この二種類のアイフルの即日融資について検証して見ます。

振込融資による即日融資

アイフルでは平日14:00までに契約を完了すると即日振込が可能です。この場合契約完了してもカードが届くまでの間、アイフルの会員サイトにログインするためのカード番号が分かりませんから契約の際の電話の時にカード番号を聞いておいてください

 

次に振込融資の手続きをします。振込融資は銀行の口座に振込む訳ですからいつでもできるという訳ではありません。銀行営業時間の平日15:00までにしないと物理的に不可能になってしまいます。

 

アイフルの場合は平日14:50までにこの会員サイトから振込融資の手続きをしなければなりません。即日振込の場合は平日14:00までに契約が完了しても、この会員サイトから14:50までに手続きしないといけません。

自動契約機(てまいらず)による即日カード発行による即日融資

アイフルには自動契約機であるてまいらずがあり、ネット申込後にカードを発行することが可能になっています。ですので即日融資で利用する場合は、まずネット申込審査を済ませておいて、仮審査が可であるなら在籍確認を残しててまいらずへ向かう事になります。

 

与信審査が完了したところでアイフルから申込内容の確認の電話が入りますので、その際にカード発行したいので店舗に行きますと伝えればオペレーターが手順を案内してくれます。

 

この場合与信の審査は完了していませんが、審査の最終段階の在籍会社への在籍確認の電話はてまいらずでの手続き途中になりますので、会社が終業する時間以前にてまいらずに行かないといけません。(終業していると在籍確認の電話に誰も出ず契約が会社の翌営業日まで延期になってしまう為)

 

在籍確認が終了すると晴れてカード発行となりますが、スムーズに行くとてまいらずの作業時間は30分ほどでカード発行まで辿り付きます。この後ATMでキャッシングすれば即日融資完了ということなのですが注意してほしいのが、

 

 

てまいらずではキャッシングできないので併設しているATMで借入する事。アイフルではBOXタイプのてまいらずしかないタイプの店舗が半数なので、5割の確率で提携ATMを探さなくてはならずATM利用手数料も掛かるということです。


この辺の自動契約機による即日融資の便利さはこちらで確認してください。⇒自動契約機による即日融資を比較してみる

アイフルの在籍確認はどうなっているの?

いずれも審査の申し込みは簡単にできるうえ、アイフルの在籍確認の方法も多様化いていますし、即日融資を受けた借入金の受け取り方法についてもスピーディーであるという特徴もありますので、アイフルが選ばれる理由はそういった点にあるといえるでしょう。アイフルの在籍確認の方法は電話によるもので、

 

 

アイフルと申しますが○○さん(審査対象者)は在籍しておられますか?


このように明らかにアイフルからの電話と分かる形では電話して来ません。アイフルをはじめとするカードローン業者はほとんど、

 

 

△△(担当者の名前)と申しますが○○さん(審査対象者)は在籍しておられますか?


とアイフルとは分からないような形で電話してきますのでひとまず安心です。ただあらゆるローンで会社に電話が掛かってくるので、

 

 

またローン会社からの電話ね。○○くんローン組んだんだ。


と会社にバレてしまう場合があります。このような形で会社にバレるのが嫌で、在籍確認の電話を回避したい際は、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの利用をおすすめします。プロミスでは、

 

 

在籍確認の電話を別の方法で確認する相談ができるので会社への電話を避けることができます


どのタイミングで相談するのかというと、ネット申込をして与信の審査後に掛かってくる申込内容の確認の電話の際に相談すれば、オペレーターが親切丁寧に教えてくれます。⇒プロミスで在籍確認の相談をする

アイフルの返済のことも知っておこう

アイフルの返済方法は多種多様になっており大まかには、

 

 

  • ATMで返済する
  • 振込で返済する
  • 口座振替で返済する

のいずれかの方法で返済していくことになります。ATMはアイフルのATM以外はATM手数料が掛かりますし、振込による返済も振込手数料が掛かります。なので返済忘れ防止の為にも口座振替にしておくことがおすすめです。

 

口座振替するためには、アイフルの会員サイトにログインして口座振替登録をする必要があります。登録すると口座振替が可能になりますが、返済日は各金融機関によって異なりますので選べなくなります。アイフルの返済日は、

 

 

  • 約定日制
  • サイクル制

があります。約定日制は1日から末日までの好きな日を指定して、毎月返済していく方式になります。前述のように口座振替の場合は日を指定できません。ATMや振込による返済をする場合には返済期日までの10日間が約定返済期間になります。それ以外の日にATM返済や振込による返済をした場合は随時返済となり元金より差し引かれますが、期日までの10日間に再度約定に返済額を入金しなければなりません。

 

サイクル制はいわゆる35日ごと返済で、初回借入の35日後が返済日になります。この場合の返済はいつでも大丈夫ですが、約定返済額以上の入金は随時返済となります。また当然ですが、口座振替はこのサイクル制は選択できません。振込で返済する場合は、アイフルの会員サイトに振込返済先として記載されている返済口座に振込みます。

アイフルの約定返済額
借入直後残高 返済金額
サイクル制 約定日制
1円〜100,000円5,000円4,000円
100,001円〜200,000円9,000円8,000円
200,001円〜300,000円13,000円11,000円
300,001円〜400,000円13,000円11,000円
400,001円〜500,000円15,000円13,000円
500,001円〜600,000円18,000円16,000円
600,001円〜700,000円21,000円18,000円
700,001円〜800,000円24,000円21,000円
800,001円〜900,000円27,000円23,000円
900,001円〜1,000,000円30,000円26,000円
1,000,001円〜3,000,000円は10万円毎1,000円ずつ加算
3,000,001円〜3,100,000円51,000円47,000円
3,100,001円〜4,900,000円は10万円毎1,000円ずつ加算
4,900,001円〜5,000,000円70,000円66,000円

アイフルの様々な商品

ファーストプレミアム・カードローン

アイフルにはじめての申込で、与信の高い方向けのカードローンがファーストプレミアム・カードローンになります。この『与信の高い方向け』というのは編集部の予想ですが、金利が年4.5%〜9.5%と低くなっていますので、みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランやMR.カードローンのプレミアムコースに似ています。

 

これらのカードローンと同様であれば、与信が足りなければ通常のキャッシングローンを案内されるようになるはずです。年齢制限も満23歳〜59歳までと低くなっていますので、現在も定職に就いており現役であるという意味合いが強くなっています。

 

ファーストプレミアム・カードローンには金利目安の表があり、高額借入時の目安となるのはありがたいことです。

ファーストプレミアム・カードローン金利表
融資限度額金利
100万円以上〜200万円未満年4.5%〜9.5%
200万円以上〜300万円未満年4.5%〜8.5%
300万円以上〜400万円未満年4.5%〜6.5%
400万円以上〜500万円年4.5%〜5.5%

最低金利は年4.5%と変わらず、最高金利だけを見せている表になってしまいます。銀行カードローンと比べると、これといって低い訳ではありませんので、しっかり低金利銀行カードローンの金利と比較する必要があります。また借入可能額は100万円から500万円までになっていますので、100万円未満の借入には対応していません

 

現在消費者金融業界には多くの業者が営業を行っており、即日融資という点についても特に珍しいサービスではなくなりつつあります。また、これだけ多くの業者が軒を連ねているのであれば選ぶ側も悩んでしまいがちです。即日融資ができるうえ、多くの商品が用意されているアイフルは、そんな中でもおすすめの業者といえるでしょう。

アイフルで即日融資を受けるには?

カードローン名 実質年率 借入限度額 特徴
プロミス 4.5%〜17.8% 最高500万円 在籍確認代替初回30日無利息サービス
アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 最大30日金利ゼロサービス・アコムマスターカード
モビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 WEB完結
アイフル 年4.5%〜18.0% 500万円 -

※表はスマホではスライドして見て下さい

アイフルで即日融資を受ける前にしっかり検証してみる

消費者金融大手のアイフルでは、大手の名に恥じない多彩なキャッシングの申し込み方法があります。自分にとって最適な申し込み方法を選択し、うまく活用することで最短で即日融資を受けることができるのも、アイフルを利用するメリットであるといえます。

 

まず最も一般的な申し込み方法といえば、やはり自動契約機です。自動契約機のメリットは、とにかく申し込みから審査までがスムーズかつスピーディに行えるという点です。申し込んだその場で審査結果が出るうえ、ATMが併設されている場合にはそのATMから借入金を受け取ることができます。

即日融資の相談をスタッフとできるのか?

必要に応じてアイフルのスタッフと直接やりとりをしながらキャッシングの申し込みができますので、不明点や不安なところがあればすぐに確認できるのも自動契約機を利用するメリットであるといえますがモビットのデメリットでもあるように店舗数がプロミス・アコムに比べると少ないということがアイフルのデメリットにもなりえます。ちなみに、自動契約機では最短で30分でキャッシングが利用できるカードが発行されます。

 

自動契約機に対し、全く誰にも会わずにキャッシングの契約をしたいという人にはインターネットでの申し込みも用意されています。このインターネットでの申し込みは、登録フォームに必要事項を入力しデータをアイフルに送信します。

即日融資の場合も登録フォームのデータから審査を開始する

アイフルはそのデータを受け取り、審査を行ったうえで融資可能かどうかを判断します。インターネットでの申し込みのメリットは、誰にも会わずに契約ができるという点ですが、申し込みしてから審査が開始されるまでの時間が読みにくいというデメリットがあります。

 

そのため、インターネットで申し込んだ時間によっては即日融資が不可能という場合も考えられますので、できるだけ早い時間帯に申し込むようにしましょう。自動契約機がインターネットでの申し込みよりも優れている点は、書類などに不備があった場合でもその場ですぐに修正可能という点にあります。

 

インターネットの場合、申し込んだ側が誤りに気づいてもアイフル側からその旨のメッセージがなければ修正できず、それだけ時間をロスすることになるからです。アイフルで即日融資を受けるということであれば、やはり自動契約機を利用するのが最も良いといえます。

更新履歴